今だから言える大失敗!  ブログ パート 1

お恥ずかしい話ですが、、、今だから言える 

「 大失敗 」をあえて暴露します。  

これからのお話は、施主様を攻撃するものでは、

決してありませんので、読まれた方も他言無用、

、というおお約束をしていただくことを

絶対条件としてお話します。

あえて当時の施主様のお名前、住所などは、

全て、匿名または、無名 とさせていただきます。 

 

、、、当時16年前でした。 志度で個別営業をして

契約注文を頂き 外構工事を頂きました。

とても嬉しかった記憶があります。  車庫を作り

コンクリートの土間工事の打ち合わせになった

ときですが、、、施主さまから「コンクリートに

ひび割れを起こさないようにして欲しい、、、」

 

との要望があり、私は、快く 「 分りました。」、、、、

、、、と安易に 答えてしました。  

 

さあ、  この 「一言が」 後に大変な事件と

発展してゆくことになったのです。

 

、、、3ヶ月ほどたちコンクリートにひびが入っていたのです。

 目地 (割れ飛散防止)もちゃんと入れて

いたのですが、、、 入っていました。  

当然カッターを入れ 再施工でなんとか了解を

頂き なんとか 完了したのですが、 、、

お客様は、納得していませんでしたね。、、、

当然ですね。

 

 お客様にしてみれば、、、「 ちゃんと言ってたのに、

、、 どうしてちゃんとしてくれなかったの?」 でした。 

 

私の軽率な 一言 が とても残念な結果を

生むこととなったのです。

 

結論から言いますと 「 コンクリート 」 とは、

必ず割れるものなんです。、、、

そういう性質のものなんです。

 

今だから言えますが、 当時は、やはり私の

無知さのため 軽率な返事により残念な結果を

生んでしまったのです。  

(一歩踏み込んで納得できる説明が必要でした。)

 

次回からは、 こういった場合の対応は、 

はっきりと説明するように心がけています。   

 

最大限の努力は惜しみません、 でも必ず

コンクリートは、割れる、、、ということなんです。

 

 費用的な問題もありますが、 将来に向かって

機能的に 問題を起こさない

 説明をキチンとするということ、、、施工的には

被害を最小限に止めるために最大限の努力をする

 、、という事です。  

( 少しわかりにくい説明となりました。 すみません ) 

 

一番 重要な部分は 、やはり 「 お客様に

 納得していただくこと  」   なんです。

 

私の無知さ 説明不足が残念な結果を生んで

しまいました。 当時のT様申し訳けありませんでした。 

 

                        サイトトップに戻る。 

                        ページトップに戻る。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リフォーム・ 増改築用 ホームページ  掲載写真です。

 

リフォーム ・  増 築 ・ 改 築 になくてはならない

大工さんたちの紹介です。

 

上から 牟礼町の安部さん。木太町の東原さん

三木町の安部さんです。

 

きっちりとした仕事をしてきます。  経験豊富で責任感が強く

数多くの経験から納得できる結果を出してきます。

 

リフォーム ・ 増 築 ・ 改 築 の場合は、新築と違いつなぎ部分

が厄介です。 傾いている家もあれば 合わせなくて

はならない 難題 (頭を抱える) ときも多々あります。 

、、、、 昔は、工法も資材も 現在とは異なっていました。

資材自体に欠陥があるものも多々あったことも事実ですし

、また施工上の 手抜きも 沢山 あった事も事実です。

 

、、昔は、検査体制がなく今のように 行政指導・また罰則も無かったことが原因です。

 

まあそんなに世の中が めまぐるしくなかったことも一つの要因でしょうか。

 

今では、 資材、 道具 など 全てが進歩し行政も格段に厳しいものと

なったおかげで 注文者の方は、守られています。 、、、  但し、

いくら 行政が変わろうとも  昔も今も 基本は、全然変わっていません。

 

ただ 一つ 「  お客様に 納得 し 満足して頂く事 」 です。  

 

この大切な気持ちを持たず いい結果が生まれることは、絶対にありません。  

 

 私たちは 「お客様に 満足を提供する事により、結果として対価を頂く。 」 こととなります。

 どうかご安心して 私たちに 「 リフォーム ・ 増 改 築  の 注 文 を お申しつけ下さい。」 

 

                            心よりお待ちしております。   スタッフ一同 

 

 

宮本義章・浩二さん親子(坂出にて )
宮本義章・浩二さん親子(坂出にて )

内装工事に関しては、 40年のベテランです。

仕事に対しての取り組み方は、本質を外しません。

沢山の工事経験が仕上がりの良さを支えています。

 

私は、この方の苦労話や不平不満の言葉を今まで

聞いたことがありません。 忍耐力の固まり みたいな

方です。  たくさんの方との交流があり

ボウリングでは、200を超える腕前だそうです。 

仕事以外では、冗談しか言いません。(笑)

 

 宮本義章・ 浩二さん親子です。  

岩井社会保険事務所 岩井美喜夫さん
岩井社会保険事務所 岩井美喜夫さん

社会保険労務士  岩井美喜夫 (牟礼町) 

 

万一の時の労働災害申請をサポートします。

1969年8月29日生まれ大学卒業後中国西安西北大学留学。

現在、岩井社会保険事務所 所長3代目として  

万が一の労働災害による救済申請・社会保険関係の

手続きをしています。 また中国実習生の方に対して

労働法律関係を 通訳・指導。

日本経営士会・経営士 四国部長としてエコアクションの

取り組みマネージメントプロフェッショナル・プログラム

さらに 農商連携事業に取り組んでいます。

 

趣味は、野球・城郭めぐり・ ほんの少々パチンコ(笑)  です。

 

社会保険関係のサポートなら 岩井社会保険事務所 「 岩井美喜夫 」に是非ともお任せ下さい。

 tel 087-845-3385  fax 087-870-1066

 

森 和夫 土地家屋調査士  
森 和夫 土地家屋調査士  

土地家屋調査士 ( ヤシマ設計 ) 森 和夫

 

あなたの財産 (土地・建物) の登記は、私がします

土地家屋調査士として33年 この道一筋です。

 

正確・迅速・ 誠実をモットーに仕事をしてきました。

 

高松市牟礼町牟礼2949番地

土地家屋調査士 事務所 「 森 和夫 」です。

 

趣味は、山登り ・ 将棋 (3段) ・ 畑仕事です。

登記のことなら是非とも私にお任せ下さい。

 

電話 087-845-2221  FAX 087-845-3145 

牟礼町にて撮影  5/15 石原慎也 です。
牟礼町にて撮影  5/15 石原慎也 です。

 

リフォームには、欠かせない塗装がでます、 担当します。

 

上林町の    「 石原慎也です。 」

 

「 私の仕事に対するモットー。 」 

 

仕事に対しては、 一切 妥協はしません。

 お客さまに 「 納得 」と「 感動 」を

差し上げたいという心で工事にかかります。

 

お客様には 高度な塗装技術と責任施工を しっかりとお約束します。  絶対にです。!

 

、、、う~ん 「 えりちゃん 。」
、、、う~ん 「 えりちゃん 。」

 

女の子 えりちゃん です。

本人にとって 工事がとても めずらしかったようで

金づちと釘をもって 自分で見つけてきた 切れはしの

木に打ち付けていました。  

 

その時 、両手で金づちを持っていましたから

 空振りばかりで 板ばっかり叩いていました。(笑)

かなり熱心に取り組んでいました、、 から、、、

金づちが必要なときは、 えりちゃんのところへ

借りにいってました。(笑)

 

 

オシャレなケイソウ壁 なら私の出番です。
オシャレなケイソウ壁 なら私の出番です。

この道一筋37年  オシャレな ケイソウ土壁は、今ではとても人気があり

屋内・外でも取り入れるお客様が大変増えています。

リフォームに関して 洋間の一部 ・ 玄関の一部を ケイソウ仕上げ

にすることで一層、お部屋が引き立ちます。

あなたの自由に 思いのままのデザイン壁が可能です。

 

 

、、、、お髭がとっても似合っています。 いまは、息子さんと一緒に仕事が

できるようになり、結構気合を入れて取り組んでるのではないでしょうか?

見た目は、細身ですが、 筋肉の固まりみたいなごつい体格をしています。

 

おまけに手足が長いので仕事は、速いのです、、、が、狭いところは、

少し苦手で 息子さんの出番らしいですね。

 

 

                          高松市垂水町      井上 隆  (左官) 

谷原 公  香川町にて
谷原 公  香川町にて

水道一種・電気工事施工技士  谷原 公

 

外構工事に関して インターホン ・ 電動ゲート ・ TV電話 などの

電機地中埋設配管 ・水道給排水設備の施工・移設 を担当しています。

 

本来目に見えない重要な部分ですのでしっかりと施工しなければなりません。

当然、責任感のある方が必要となります。 

 

職歴は、35年 納得できる明確な説明と手際のよさです。

 

カラオケが得意で 中でもお勧めは、サザンのホテルパシフィック ・ 松山慕情です。

この度パート2がでたので とても喜んでいました。

 

   水道一種・電機工事施工技士    谷原 公  (香川町)

   

2級土木施工技士 福島 智史
2級土木施工技士 福島 智史

リフォーム改築の場合の建物内部 の解体処分 ・ 

また増築の場合の基礎工事を担当します。

 

現在35歳で重機仕事 ・ 型枠作業を得意とします。

 

なかなか現場内では、ムードメーカーとして仕事をこなしてきます。

 

「 結果を出す。」、、、、タイプの人間です。 

力もちで たてランマを2tダンプに担ぎあげます。 

 

仕事を安心して任せられる優秀な人材です。

 

2級土木施工監理技士  福島 智史  (国分寺町)

 

 

自宅前 娘の自転車 と 撮影
自宅前 娘の自転車 と 撮影

スタッフの方の紹介について

 

私は、全然たいしたことは、ありません。

私の会社も本当に小さくてたいしたことは、ありません。

 

しかし、私の周りにいるスタッフの方は、 違います。

私が言うのもおかしいのでが、

どこへいっても十分通用する方たちばかりです。

 

このスタッフの方々を 私は、貴重な財産と考えています。 

 

今までたくさんの方と出会いそして離れてきましたが、 

最終的には、やはり技術力・人柄が絶対必要条件となります。 

今では、人柄・価格・服装・言葉遣いと どんどん 

世の中の要望は、レベルアップし厳しくなってきています。

 

けっして私の勝手な自己判断だけではないと考えています。

 

、、、、、今回は、大切なスタッフの方を 紹介させて頂きました。

 

引き受けた以上は、しっかりと取り組み きっちりと完成させることをここにお約束します。

 

リフォーム・ 増改築をお考えの方は、是非とも 安心して注文して頂ければと思います。  

 

「 後悔は絶対にさせません。 」

 

                                 リフォーム・増改築専門店  西央建部(有)

                              760-0012  香川県高松市瀬戸内町 2番5号  

                                 

ホームページ 新築用に使えると思います。

 

 

棟上 当日  風景 です。

お天気もよく快晴の一日でした。

 

でも不思議ですね、、、、

 

殆ど声をかけていないのに

なぜか道路まで人で ごった返してしまいました。

 

ここ庵治町 では、 お餅や 酒札 を投げたりする事を  「 ばー 」 、、すると言うらしいです。

 

この 「 ばー 」 が目的で 沢山の人が 集まってきたのです。 (すごい)

 

 

 

 

 

 

 ホームページ新築用・リフォームどちらでも使えると思います。 

 

ここは、和室です。 柱養生が絶対に必要となります。

やり直しは、利きません。

 

神経を使います。、、、、、

木村 邸 です。

和室 の木組み部分です。

失敗は、許されません。

 

和室の大変なところは、 柱が見えるため

一切の融通が利かぬ、、、ということなんです。

洋間の場合は、クロスで全て隠れてしまうので

たとえ 傷があっても 全て隠れますので

施工途中に精神的に疲れることがありません。

 

和室の場合は、そうはいきません。

 

 ホームページ新築用ですね

 

完成間近です。  足場が撤去され

 

引渡しが近づいています。

シロアリ駆除です。

べた基礎工事です。  

 

今は、殆どがべた基礎となっています。

布基礎は、見なくなりました。

 

強度的にも十分ありますし。 施工的にも工期短縮

がメリットです。 ただ 資材代金は、しっかり掛かりますが

総合的にみて合理的と言えるでしょう。

 

 

木 土台の床下地 ネタレス 工事です。

棟上 前日 です。

古民家 再生 栗林町 藤沢様邸
古民家 再生 栗林町 藤沢様邸

古民家 再生 藤沢様 邸 です。

 

屋根・外壁と かなり痛んでいましたが 漆喰塗り

にし ものすごくかっこよくなりました。 

高松市栗林町です。 多分100年程度の建築

物だったように思えます。

なかなかこの構えをした民家は、珍しいと思います。

 

 

高松市 茜町 N様邸
高松市 茜町 N様邸

家の外廻りも リフォーム対応しています。

外柵ブロック ・ 門 ・ 等そして塗装も永久に形や色を

維持できるものでは、ありません。

 

残念ながら 必ずやり変えなければならない時

は訪れてきます。 本来、家 というものは、住んでいる

人間が手入れをし、修繕をしてゆかなければ、

すぐに朽ちていってしまうものなんです。

 よく 住まなくなれば一揆に老朽化してしまうものなんです。

 

普通は、住んでいる方が痛み易いのでは?とお思いでしょうが、

実は、逆なんです。  

 

和室 を希望の方は、 平均少ないですが

私的には、 土壁の落ち着きも いいです。

 

和風壁の大変なところは、 手抜きが一切

できないことです。  全てが一発勝負で

仕上げた壁に体が当たら無いようにしなければ

ならないことです。 神経を使う作業です。

O様邸  解体工事です。

 

不必要な建物を撤去し 新しく生まれ変わります。

 

 

現在 進行中  完成は、 24年11月頃です。  

 

 

 お客様にピッタリの おしゃれな 部屋 

 快適な空間を しっかり 提供します。

 

 約1ヶ月ほど工期が必要です。

 

 

 是非とも当社にお任せ下さい。

 

 とてもシンプルな和室を提案します。

太陽の光を十分に取り入れられる快適な空間を

お約束します。 

  右 3枚から 効果的なものを選んでください。

 

 

 

リフォーム 完成写真  高松市 Mさま邸 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

flickr (フリッカー)

flicker はキーワードに関連する写真を表示させます。

 

Storymakers2014 Interactive Events calibri
Storymakers2014 Interactive Events
IMG_0932
IMG_0931
IMG_0924
IMG_0921
IMG_0922
IMG_0923
IMG_0919
IMG_0920